CONCEPT

コンセプト

私たちのこと

〜デザイン思考な不動産会社〜

きづき屋は、単なる不動産会社ではありません。
不動産に「デザイン」と「マーケティング」を
掛け合わせたまったく新しい不動産会社です。
例えば、これまでの常識では価値が低いとされてきた物件も
少し視点を変えてみると価値ある物件として流通させることが
出来ると考えています。物件が持っている〝見えない価値にきづき〟
そして〝カタチにする〟きづき屋という名前に込められた意味です。

MISSION

〜感動を分かち合える場所づくり〜

私たちのミッションは「感動を分かち合える場所」をつくること。
本来、住まいは「この世でいちばん特別な場所」であり「大切な人を
招きたくなる場所」であるべきだと考えます。
例えば、素敵な風景を家のお気に入りの場所に取り込んだり、
小さいからできる、細部までこだわり抜いた家など、
つい友達に語ってしまいたくなるようなストーリーが詰まった場所。
そんな場所をつくり、楽しみながら暮らす人を増やす事が私たちの喜びです。

VISION

〜不動産をクリエイティブ産業に〜

不動産は住まいづくりにおいて一番はじめのチャンネルです。
だからこそ、新築を建てるための土地や、リノベーションをするための
中古一戸建てやマンションも、探す前にしっかりとした暮らしの
コンセプトを決める事が重要だと考えます。
住まいづくりの入り口である不動産業界をもっとデザイン思考にして
クリエイティブ産業化する事で、不動産流通にイノベーションを起こし
より豊かな暮らしが増えることを願っています。

MIND

〜あくまでも自分目線で考える〜

私たちは「万人に好かれようとするものは、結局誰にも好かれない」と考えます。
だから、あえてターゲットを一人にまで絞り、あくまでも自分目線で
考える事にこだわり続けます。
ターゲットを絞る事で、万人には刺さらないけれど、
一人に深く刺さる、満足度の高い住まいが出来ると考えています。

VALUE

〜「気づく」「考える」「つくる」「伝える」〜

きづき屋には「キヅキビト」と「マドリスト」と「ツクリビト」がいます。
キヅキビトは物件を見て「自分ならこんな暮らしをするな〜」と妄想する人。
マドリストはその妄想を元にプランを考えデザインする人。
ツクリビトは実際に建築をする人です。
そして、最後に「広告デザイナー」が魅力的な広告を通して
伝える役目を果たしています。